お手軽ドライブシャフトブーツ切れ対策

お手軽に しかも 確実なドライブシャフトブーツ切れ対策 独立サスのウイークポイント ドライブシャフトブーツ切れ メンバーダウンが 王道ですが もっとお手軽に シュー と だけでは 駄目ですが (笑)

今回の おすすめは
KURE(呉工業) ラバープロテクタント (300ml) ゴム製パーツ保護剤 [ 品番 ] 1036 [HTRC2.1]
https://www.amazon.co.jp/dp/B00264ODT2

KURE(呉工業) ドライファストルブ (300ml) 速乾性潤滑スプレー [ 品番 ] 1039 [HTRC2.1]
https://www.amazon.co.jp/dp/B001D2CVDI


まずは 高圧 中圧 洗浄機があれば ブーツを洗い 乾かす ウエスできちんと拭き取ったほうが 良”
ラバープロテクタント を ブーツに吹きかける 特に 蛇腹の部分は丁寧に MUD.j では おお目にかけて ウエスで均一にしています
乾いたら ドライファストルブ を吹きかけ 同じく 蛇腹の部分は多めに

ラバープロテクタント = 洗浄+ゴム素材の劣化防止
ドライファストルブ = ドライ系の潤滑剤 蛇腹と蛇腹がこすれる時に 滑らせてブーツ切れを防ぐ = MUD.jでは ファンベルトのベルト鳴きにも ドライファストルブ を 使用しています
*シリコン系の潤滑剤は 多少ベタつきが残りホコリ等を吸着するので 使用していません

ご参考に(^_-)-☆

ボディーリフト メンバーダウン について

ボディーリフト メンバーダウンについてのお問い合わせをいただきますのでご説明させていただきます

ボディーリフト 画像左:ボディーとフレームにより車体が構成されている車に ボディーとフレームの間にブロックを入れる リフトアップ方法

メンバーダウン 画像右:独立懸架方式のサスペンションのサスペンションメンバーのマウント部に ブロックを入れ サスペンションメンバーを 下げる リフトアップ方式 下記の2種類があります

モノコックボディー車:通常 エンジンミッションは ボディーとサスペンションメンバーにマウントサれているので エンジンミッションも 一緒に下る

フレム付き車:通常 エンジンミッションは フレームにマウントされているので エンジンミッションは下がらない

サスペンションの構成

ボディーリフト 画像下左: フレームにコイルオーバーUPマウントがあるので サスペンションASSYが標準レイアウトで下がる

メンバーダウン: サスペンションメンバーにロアアーム(ストラット
ロアマウント)ボディーにストラットUPマウントが保持

下左:メンバーダウンのみ ストラットUPがボディーにあるのでロアアーム外は下がらない = 車高は上がらない ドライブシャフト ロアアームは 外側があがる
下中:ストラットUPにスペーサー取り付け ロアアーム外下がる = 車高が上がる*通常のメンバーダウン式リフトアップkit ドライブシャフト ロアアームは 標準若しくは許容範囲(設計レイアウトによる)

ストラット形状の車両は アッパーマウントをオフセットさせることにより キャンバー角を補正可能です

ご参考 下右:メンバーダウンを行わず許容範囲を超えたリフトアップ = 車高は上がる ドライブシャフト ロアアーム 角度大 ドライブシャフトロアアーム 角度については 下記 URL をご参照ください

モノコックボディー車のリフトアップが増えておりますのと 令和3年9月1日 運用突入防止装置 規定が適用された車両においては 4WD車両では 通常突入防止装置は Rバンパー部になるので ボディーリフトでは Rバンパー部は加工を行わなければ 上がらないので 有効なリフトアップ手法のひとつです

以上 ご参考にしてください

ポジション/ウインカー

デリカD5 オーバーフェンダー装着すると ウインカーを移設する必要があります 以前は 後付装着していましたが このごろは ポジションを ウインカー兼用に
ちなみに 150プラド中期は 大型オーバーフェンダー装着すると ポジションの移動が必要 ウインカーを ポジションに

ポジションウインカー

4WD ドライブシャフトブーツ 切れ等について

4WD ドライブシャフトブーツ 切れ等について ご質問をよく頂くので ご参考にしてください

リフトアップをすると ドライブシャフトブーツが切れやすくなる 画像2

= 通常のリフトアップは スプリング交換 スペーサー取り付けにより 行いますが その場合 ドライブシャフト内側 Fデフ/トランスファーの位置は変わらず 外側 ハブの位置が下がります
= 外側だけが下がると ドライブシャフトに角度がつきます = ブーツに角度がつきます
= ブーツに角度がつくと ブーツの蛇腹上部同士がこすれ ブーツが切れます

ランドクルーザー JEEP スペースギア より デリカD5 エクストレイルのほうが 切れやすい 画像1
= ランドクルーザー JEEP スペースギア = 縦置きエンジン = Fデフが車両横方向中心にある = ドライブシャフト長い
= デリカD5 エクストレイル = 横置きエンジントランスファーが 左側にある = 左ドライブシャフト短い

ドライブシャフトが短い場合 リフトアップを行うと ドライブシャフト角度が大きくなります = ブーツが切れやすい

リフトアップの場合 切れやすいのは内側になります = 外側は サスペンションの上下の動きに加え ステアリングでの横方向への動きもあるので 構造的に切れづらい = 素材が樹脂になっているためと思います

対策としては
縦置きエンジン = デフダウン
横置きエンジン = メンバーダウン = トランスファーを下げる
*メンバーダウンについては 別ページで ご説明いたします
マニュアルハブ = 130サーフ スペースギア ビッグホーン等 一部の車種に設定がありますが 現行モデルには設定がありません

標準状態での ドライブシャフトブーツ対応リフトアップ量について = 当社基準値ですが ご参考になります

デリカD5
ガソリン = 1inc
ディーゼル BIGマイナー前 前期 純正左内ドライブシャフトブーツ品番 3817A125 = 0.7inc
~2017年8月2週製造車 = 当社ではブーツ切れ補修組み込み時に 対策を行い 1inch+ まで対応しています
ディーゼル BIGマイナー前 後期 純正左内ドライブシャフトブーツ品番 3817A443 = 1inc
ディーゼル BIGマイナー 2019/02+ =30mm

エクストレイル31系 = 30mm
ハスラー 1inch

トヨタ車においては 製造モデルにより ドライブシャフト等 の長さが違うので下記ご参照ください

150プラド 7.5Jx17+25=7J換算 = 7J+31 全幅:1885mm

120プラド 7.5Jx17+30 全幅:1875mm

90プラド 7Jx16+15 全幅:1820mm

150プラドと90プラド 比較 タイヤの入り幅及びナックルの構造が同一と想定すると
(31-15)+(1885-1820)/2 = 48.5 長い フレーム幅の関係がありますので 正確な数値では有りません

150プラド FJクルーザー HILUX125 = 3inch

120プラド 215サーフ = 2inch

90プラド 185サーフ 以前 = 2inch

以上 ご参考にしてください

新製品 追加設定のご案内

ハイラックス 125 サススペーサー 単品 F1inc F40mm アップ 構造変更不要 mjsfjcss25

12,350円(税込13,585円)
http://mudjayson.com/?pid=161447732

テスト販売 デリカD5 FR34mm リフトアップ V キット FR キャンバー補正 取付込みも設定あり 納期9/上~ 40mmアップ対応
http://mudjayson.com/?pid=162320224

デリカD5 尻下がり対応 F25R25~35mm Fスペーサー R強化コイルスプリング+メンバーダウン FRキャンバー補正 マイナー前
http://mudjayson.com/?pid=162018600

仕様変更 デリカD5 全年式 リアキャンバー補正1inch 対応 標準車用新発売 メンバーダウンキット t16 4WD/2WD CV1W/CV5W
http://mudjayson.com/?pid=162438778

追加販売9mmデリカD5 マイナー前後 リアショックスペーサー9/22mm 4WD/2WD CV1W/CV2W/CV5W 標準マウント/リフトアップスペーサー 対応
http://mudjayson.com/?pid=157208833

デリカD5 narrow 245/75R16

マイブーム デリカD5 narrow が 人気です 245/75R16 装着で 遠目は普通 近めはオトコマエ 245/75R16 装着には
70mmリフトアップVキット http://mudjayson.com/?mode=grp&gid=2594689&sort=n
+標準形状ストラットでは タイヤがストラットの干渉するので 車高調タイプ必須ですが おすすめは JAOSさん VFCA サスキット http://mudjayson.com/?mode=srh&sort=n&cid=1564849%2C0&keyword=VFCA+D5

ここが干渉します
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: D5D23i2457516_08_m.jpg
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: D5D23i2457516_15_m.jpg


OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: D5D23i2457516_02_m.jpgOLYMPUS DIGITAL CAMERA
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: D5D23i2457516_01_m.jpg

ナンバーフレーム10/1~ 新基準

あまり話題になっていませんが ナンバー+ナンバーフレーム 平成28年4月1日に施行 されていまして 平成33年 令和3年 2021年10月1日以降(4月より延期になりました2021年3月9日 発表)に初めて登録を受ける自動車等のナンバープレートについては、一定範囲の上下向き・左右向きの角度によらなければならないこと、フレーム・ボルトカバーを取り付ける場合は一定の大きさ以下のものでなければならないこととなります。https://www.mlit.go.jp/jidosha/jidosha_tk6_000020.html

https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1310944.html

2021年9月30日までに 新車登録 = ナンバーが付いている車は 旧基準

http://mudjayson.com/?pid=66748894注意:幅はフレームの幅ではなく ナンバーが隠れる幅です

令和3年9月1日 運用突入防止装置

令和3年9月1日 運用突入防止装置 について 6/30 陸運支局 実車にて確認しましたので ご参考までに

道路運送車両の保安基準の細目を定める告示【2020.9.25】 第102条(突入防止装置)
-1- (突入防止装置) 国土交通省

第102条 突入防止装置の強度、形状等に関し、保安基準第18条の2第3項の告示で定める基準は、次に掲げる基準とする。 この場合において、指定自動車等に備えられている突入防止装置若しくはこれに準ずる性能を有する突入防止装置と同一の構造を有し、かつ、同一の位置若しくはそれより後方に備えられた突入防止装置、法第75条の2第1項の規定に基づき型式の指定を受けた特定共通構造部に備えられている突入防止装置、法第75条の3第1項の規定に基づく装置の指定を受けた突入防止装置又は国土交通大臣が認める識別記号が付されている突入防止装置であってその機能を損なうおそれのある損傷のないものは、この基準に適合するものとする。 一 自動車(次号に掲げる自動車、二輪自動車及び側車付二輪自動車並びにこれらの自動車に牽引される被牽引自動車(後車輪が1個の自動車に限る。)、後車輪が1個の三輪自動車、カタピラ及びそりを有する軽自動車、大型特殊自動車、小型特殊自動車並びに牽引自動車を除く。)に備える突入防止装置は、協定規則第58号の技術的な要件(同規則第3改訂版補足第2改訂版規則2.3.(a)に限る。)に定める基準に適合すること。

ロ 車体後面の構造部の下縁の高さが、空車状態において地上550mm(車両総重量が8t以下の自動車(最後部の車軸中心から車体の後面までの水平距離が1,500m以下のものに限る。)にあっては、600mm)以下のもの

突入防止装置の施行について 独立行政法人自動車技術総合機構

7-37突入防止装置

7-37-1装備要件自動車(二輪自動車、側車付二輪自動車並びにこれらの自動車に牽引される後車輪が 1 個の被牽引自動車、後車輪が 1個の三輪自動車、大型特殊自動車(ポール・トレーラを除く。)、牽引自動車を除く。)の後面には、他の自動車が追突した場合に追突した自動車の車体前部が突入することを有効に防止することができるものとして、強度、形状等に関し、7-37-2 の基準に適合する突入防止装置を 7-37-3 の基準に適合するよう備えなければならない。 ただし、突入防止装置を備えた自動車と同程度以上に他の自動車が追突した場合に追突した自動車の車体前部が突入することを防止することができる構造を有するものとして次に掲げる要件に適合する自動車にあっては、この限りでない。(保安基準第 18 条の 2 第 3 項関係、細目告示第 24 条第2 項関係、細目告示第 102 条第 2 項関係)

7-37-10従前規定の適用⑥次に掲げる自動車については、次の基準に適合するものであればよい。(適用関係告示第 17 条第 10 項関係)
① 令和元年 8 月 31 日以前に製作された自動車
② 令和元年 9 月 1 日から令和 3 年 8 月 31 日までに製作された自動車であって、次に掲げるものア 令和元年 8 月 31 日以前の型式指定自動車、新型届出自動車又は輸入自動車特別取扱自動車
イ 令和元年 9 月 1 日以降の型式指定自動車、新型届出自動車又は輸入自動車特別取扱自動車であって、令和元年 8月 31 日以前の型式指定自動車、新型届出自動車又は輸入自動車特別取扱自動車と後方からの突入防止に係る性能が同一であるものウ 指定自動車等以外の自動車
③ 新たに運行の用に供しようとする多仕様自動車であって、出荷検査証(審査当日において、発行後 11 月を経過していないものに限る。)の発行日が令和 3 年 8 月 31 日以前のもの
④ 使用の過程にある多仕様自動車であって、自動車検査証等の備考欄に記載されている保安基準適用年月日が令和 3 年 8月 31 日以前のもの

(2)車両総重量が 7t 未満の自動車にあっては、リヤリフトゲート後面、塵芥車の荷箱後面その他の車体後面の構造部((1)の例を含む。)が①から③までに掲げる要件に適合するものであること。
① 車体後面の構造部が当該自動車の幅の 60%以上(最後部の車軸中心から車体の後面までの水平距離が 1,500mm 以下のものは、当該自動車の車枠後端の幅以上)であること。
② 車体後面の構造部における下縁の高さが、空車状態において地上 550mm 以下であること。 ただし、次に掲げる場合はこの限りでない。
ア 最後部の車軸中心から車体の後面までの水平距離が 1,500mm 以下の自動車にあっては、下縁の高さが地上 600mm以下の場合
イ 車両総重量が 3.5t 以下の自動車にあっては、下縁の高さが地上 700mm 以下の場合
③ 車体後面の構造部における平面部と空車状態において地上 1,500mm 以下にある当該自動車の他の部分の後端との水平距離が 450mm 以下(車両総重量が 3.5t 以下の自動車にあっては、600mm 以下)であること。