ボディーリフト メンバーダウン について

ボディーリフト メンバーダウンについてのお問い合わせをいただきますのでご説明させていただきます

ボディーリフト 画像左:ボディーとフレームにより車体が構成されている車に ボディーとフレームの間にブロックを入れる リフトアップ方法

メンバーダウン 画像右:独立懸架方式のサスペンションのサスペンションメンバーのマウント部に ブロックを入れ サスペンションメンバーを 下げる リフトアップ方式 下記の2種類があります

モノコックボディー車:通常 エンジンミッションは ボディーとサスペンションメンバーにマウントサれているので エンジンミッションも 一緒に下る

フレム付き車:通常 エンジンミッションは フレームにマウントされているので エンジンミッションは下がらない

サスペンションの構成

ボディーリフト 画像下左: フレームにコイルオーバーUPマウントがあるので サスペンションASSYが標準レイアウトで下がる

メンバーダウン: サスペンションメンバーにロアアーム(ストラット
ロアマウント)ボディーにストラットUPマウントが保持

下左:メンバーダウンのみ ストラットUPがボディーにあるのでロアアーム外は下がらない = 車高は上がらない ドライブシャフト ロアアームは 外側があがる
下中:ストラットUPにスペーサー取り付け ロアアーム外下がる = 車高が上がる*通常のメンバーダウン式リフトアップkit ドライブシャフト ロアアームは 標準若しくは許容範囲(設計レイアウトによる)

ストラット形状の車両は アッパーマウントをオフセットさせることにより キャンバー角を補正可能です

ご参考 下右:メンバーダウンを行わず許容範囲を超えたリフトアップ = 車高は上がる ドライブシャフト ロアアーム 角度大 ドライブシャフトロアアーム 角度については 下記 URL をご参照ください

モノコックボディー車のリフトアップが増えておりますのと 令和3年9月1日 運用突入防止装置 規定が適用された車両においては 4WD車両では 通常突入防止装置は Rバンパー部になるので ボディーリフトでは Rバンパー部は加工を行わなければ 上がらないので 有効なリフトアップ手法のひとつです

以上 ご参考にしてください

ジムニーJB64W 1.5inch 新車コンプリート 販売開始

ジムニーJB64W 1.5inch 新車コンプリート 販売開始

今回は シンプルに いきます オーバーフェンダーは 制作しないことに MUDJAYSON オリジナルは サスペンション関係 補正パーツだけで

ベーシックな コンプリートです

詳細は http://mudjayson.com/?pid=147651430

標準装備
■コイルスプリング :ONEサス FR 30~35mmアップ @28000円
■ショックアブソーバー:PROCOMP ES3000 @9000円x4 = 36000円
■サスペンション補正パーツ:Rショックマウント補正キット 予価1000円~1500円 MUDJAYSON
■ブレーキ補正パーツ:FRブレーキホースマウント移動ステー 予価1500円x4 = 6000円 MUDJAYSON

*部品代+工賃 通常売価 @128315円

*タイヤホイールは 別売ですー 場所: マッドジェイソン海王

MKW▲シリーズから新型Jimny シエラ用サイズを発売開始

MKW▲シリーズから新型Jimny シエラ用サイズを発売開始致します。
ジムニーサイズで迫力のあるディープリムを実現。更にスポーク延長線上のフランジ
エンドまでダイヤカットを施し、視覚効果によってホイールをより大きく見せるデザイン
に仕上げました。
またリバースリムを採用したことで、アウターからインナーへ向かうリムの段差を無くし
奥行のあるリムが、よりオフロードらしさを演出し迫力のある仕上がりになりました

MK-55J
本体価格(税別)
5.5J x 16 -5 5H 139.7 108.5 ダイヤカット グロスブラック \35,000.-

Jimny シエラ 型式JB74W
規 格 : JWL / JWL-T 適合品
付属品 : エアバルブ
発売時期 : 令和元年7 月中旬予定。
シエラ用サイズに関しては、純正センターキャップが装着出来ます。
(5.5Jx16 +20 5H139.7 用別売センターキャップは装着することが出来ません。)
※ このホイールはリバースリムの為、タイヤの脱着は必ず裏面より行って下さい。